比較 / 評判・口コミ 通話 / 通信速度 / 電波

【比較検証】マイネオとDMMモバイルはどちらの方がお得なのか?

更新日:


「mineoとDMMモバイルってどっちがお得なんだろう・・・?」

「何が違うんだろう・・?」

「必要な項目だけを比較しているサイトから申し込みをしたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いてあります。


SIM子さん
格安SIMに申し込みをしようと思うとき、比較ってするでしょ〜。

いまとっても悩んでいてさ・・・。


シム男さん
どのSIMカードで悩んでいるんですか?

SIM子さん
マイネオ(mineo)とDMMモバイル(ディエムエムモバイル)の2つで悩んでいるの。

SIM子さん
マイネオ(mineo)は総合評価が高いけど、DMMモバイル(ディエムエムモバイル)は値段が業界最安値でしょ。

だからどっちがいいかなぁ〜って。


シム男さん
そうなんですね。では、価格面も含めて総合的に比較してみましょう。

テレビCMが多く、認知度がとても高まっているのがマイネオ(mineo)です。DMMモバイル(ディエムエムモバイル)は、証券や英会話など幅広く知られており、これから格安SIMの認知度も高まってくることが予想されます。

どちらのSIMがあなたに最適なSIMなのか、総合的に比較していきましょう。

(目次の上)マイネオ(mineo)の公式サイトへのバナーマイネオ(mineo)の公式サイトはこちら

マイネオ(mineo)?DMMモバイル?わかりやすく簡単なまとめ

比較するには料金や速度、サポートの面などたくさんの要素があると思います。

まずは簡単にマイネオ(mineo)とDMMモバイル(ディエムエムモバイル)の比較を確認してもらい、そこから料金や速度など個別の比較をしていきます。

SIM子さん
ここでまずは簡単に全体像を確認しておくことが大事だね。

マイネオ(mineo)のメリット

マイネオ(mineo)は全国に30万人以上のユーザーを持つ、格安SIM会社です。メリットは豊富にあります。多くのユーザーの期待に応えるため、フィードバックを非常に大切にしています。

また、人と人を繋げる部分を重視しているので、店舗があまりないですが、人間味のある格安SIM会社です。

  • docomo(ドコモ)、auで買った端末、SIMフリー端末はSIMロック解除無しで使える。
  • フリータンクがあり、パケットが足りなくなると全国のマイネオ(mineo)ユーザーと助け合える。
  • 家族割があり、1回線あたり50円の割引がある。
  • 最低契約期間、違約金がないのでいつでも解約ができる。
  • LaLa Call(ララコール)があるので、携帯電話、固定電話への通話が最大90%オフ。
  • 10分かけ放題、通話定額30/60があり、通話面でのオプションが豊富。
  • 速度については改善の繰り返しがあり、安定した速度と帯域を実現。
  • サポート体制が他社と比較して充実。

マイネオ(mineo)は総合的に評価がいい格安SIMです。

格安SIM販売当初からこのように評価が高かったわけではなく、ユーザーからの声を大事にして大きくなってきた格安SIM会社です。

どこよりも安くmineoに申し込めるのはこちらだけどこよりもマイネオ(mineo)に安く申し込めるのはこちらだけ

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)のメリット

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)はDMMが提供している他のサービスへのポイントの還元があったり、料金が格安SIM業界の中でも最安値と魅力的なポイントが多いです。

  • 料金プランが業界最安値でかつ、豊富。
  • パケットが足りなくなっても1GB480円と激安。
  • 通話料が半額になるDMMトーク。
  • 10分かけ放題がある。
  • 毎月の請求から10%がDMMポイントになる。
  • docomo(ドコモ)とSIMフリー携帯はSIMロックなしで利用ができる。
  • SIMカード3枚まで持て、シェアできるので携帯とタブレットの両方を1つの契約で使える。

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)はなんといっても業界最安値を指標に、料金の安さを売り出している格安SIM会社です。

シム男さん
マイネオ(mineo)は総合的な評価が高く、ユーザーからの声を大事にする格安SIM会社。

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)はプランの最安値を大事にしていて、料金プランも豊富なんだ。

最安でDMMモバイルを使えるのはこちらだけ

【料金を比較】マイネオ(mineo)とDMMモバイルはどちらが安いのか?

マイネオ(mineo)とDMMモバイル(ディエムエムモバイル)はどちらの料金の方が安いのでしょうか?

マイネオ(mineo)にはdocomo(ドコモ)とauプラン(Aプラン)の2種類があります。

今回はDMMモバイル(ディエムエムモバイル)がdocomo(ドコモ)回線しかないことを踏まえて、マイネオ(mineo)とDMMモバイル(ディエムエムモバイル)のdocomo(ドコモ)回線での比較をします。

容量マイネオ(mineo)DMMモバイル(ディエムエムモバイル)
ライト(200kbps)1,140円
500MB1,400円
1GB1,500円1,260円
2GB1,380円
3GB1,600円1,500円
5GB1,910円
6GB2,280円
7GB2,560円
8GB2,680円
10GB3,220円2,890円
15GB4,300円
20GB4,680円5,980円
30GB6,600円

さすが業界最安値をうたっているだけあって、DMMモバイル(ディエムエムモバイル)の方が安いですね。

ですが、マイネオ(mineo)の料金は業界的に平均値の料金です。

【速度を比較】どちらの方が早い?安定している?

格安SIMの回線速度は時間の経過と共にかなり改善されてきています。

半年前といまの評判はかなり違ってきていることが多く、実際に使ってみるとYouTubeが止まって見れないなどの評価ぐらいで、あとはインターネット検索、LINE(ライン)のメッセージのやりとり、通話、ビデオ通話など一般的な使い方をする上で回線速度に致命的なことはありません。

マイネオ(mineo)の評判

お昼の時間帯、12:30前後にインターネットが混み合うのでその時間帯だけ避けるようにすれば値段相当の速度。比較的安定している。

頻繁に回線速度の増強のための工事が入るので、だんだんと良くなってきていて今では特に不満なし。

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)の評判

夕方とお昼の時間帯はYouTubeの再生がスムーズにできないけど、それ以外に関しては問題がない。インターネット検索やLINE(ライン)アプリを使うレベルなら、LTEの速度と比較しても体感として不満なし。

SIM子さん
格安SIMと聞くと何か安いのには理由があって、それが回線速度が遅いとかなんじゃないだろうかなんて疑ったりしてごめん!

【最低利用期間と違約金で比較】

大手キャリア(docomo、au、ソフトバンク)と契約していると2年契約という縛りが存在します。

2年ごとにくる更新月以外の月で解約をすると、数万円の違約金が掛かりますというペナルティのようなものです。

この最低利用期間、違約金についてマイネオ(mineo)とDMMモバイル(ディエムエムモバイル)はどのようになっているのでしょうか。

マイネオ(mineo)の場合

マイネオ(mineo)には最低利用期間がありません。

違約金も発生しないので、マイネオ(mineo)に契約をしていつ解約をしても大丈夫です。

マイネオ(mineo)は最低利用期間も違約金もありません。

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)の場合

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)には、最低利用期間があります。

契約をしてから13ヶ月以内に解約をする場合、違約金9,000円が発生します。

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)は13ヶ月以内の解約で9,000円の違約金が発生します。

【通話料金で比較】

格安SIMのデメリットは通話料金が高いということです。

30秒20円の通話料金は少し高いですよね。

しかし、その高い通話料金を安くする方法があります。

マイネオ(mineo)の場合

マイネオ(mineo)には、10分かけ放題、通話定額30/60、LaLa Call(ララコール)があります。

オプション名詳細料金
通話定額30/60毎月の通話の合計時間が30分以内なら360円、60分以内なら720円おトクになります。月額840円〜1,680円
10分かけ放題10分以内の通話であれば、何回でも無料で通話ができます。携帯電話、固定電話と問わず、全ての国内通話が無料です。月額850円
LaLa Call(ララコール)

携帯電話向け通話が 30秒8円

固定電話向け通話 3分8円

050番号への通話 無料

月額100円(ただし100円分の無料通話が付きます)

最安値でmineoを使えるのはこちらだけ最安値でマイネオ(mineo)を使えるのはこちらだけ

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)の場合

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)はあまり充実した通話オプションがありません。

月額850円の10分かけ放題があるのみです。

ですが、楽天ユーザーでなくても使える楽天電話を使えば通話料を半額で使用することができます。

シム男さん
通話が安くなる方法、こんなにもあるので使わないと損ですね。

最安でDMMモバイルを使えるのはこちらだけ

【サポート体制で比較】

マイネオ(mineo)の場合

マイネオ(mineo)は実店舗もあり、マイネ王というマイネオユーザーが交流できるコミュニティがあります。

かなり活発に情報交換がされており、人と人を繋げるのを重視しているマイネオ(mineo)ならではのサービスです。

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)の場合

価格面の安さを追求するため、実店舗はありません。

サポート体制であるのは、チャットサポートとサポートダイヤルのみです。

【対応端末】マイネオ(mineo)とDMMモバイル(ディエムエムモバイル)、対応端末が豊富なのはどっち?

対応端末の数で比較してみましょう。

マイネオ(mineo)の場合

マイネオ(mineo)はdocomo(ドコモ)で購入した端末、auで購入した端末、そしてAmazonやAppleストアなどで購入したSIMフリー端末に対応しています。

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)の場合

DMMモバイル(ディエムエムモバイル)は、docomo(ドコモ)端末とSIMフリー端末に対応しています。

シム男さん
マイネオ(mineo)の方がdocomo(ドコモ)回線とau回線、それに加えてSIMフリーにも対応している分、端末が多いね。

けど、DMMモバイル(ディエムエムモバイル)もdocomo(ドコモ)とSIMフリー端末には対応しているから少ないとは言えない端末の対応数だね。

【比較検証】マイネオとDMMモバイルはどちらの方がお得なのか?のまとめ

個人によって使い方が変わってくるとは思いますが、ほとんどの人はもう格安SIMで大丈夫です。

大手キャリア(docomo、au、ソフトバンク)のような手厚いサービスが絶対に必要な人は珍しくなってきました。

マイネオ(mineo)とDMMモバイル(ディエムエムモバイル)ですが、値段だけで選ぶなら

DMMモバイル

で間違いないでしょう。

しかし、サポートの体制やコミュニティの存在、最低利用期間など総合評価で格安SIMを考えるなら マイネオ(mineo)マイネオ(mineo) がおすすめです。

最安値でmineoを使えるのはこちらだけ最安値でマイネオ(mineo)を使えるのはこちらだけ

最安でDMMモバイルを使えるのはこちらだけ

SIM子さん
mineoもDMMモバイルも、どっちも良い感じがするから選びにくいなぁ〜・・・!

シム男さん
もしも格安SIMに初めて契約する、申し込みをするというのなら断然マイネオ(mineo)がおすすめです。

SIM子さん
なんで?

シム男さん
マイネオ(mineo)のアフターサポートは業界でトップクラス。

そして、顧客満足度1位です。

しかも最低利用期間がないので、自分には合わないと思ったら解約をゼロ円でいつでもできます。


SIM子さん
そうなんだ!

シム男さん
こちらマイネオ(mineo)の公式サイトはこちらからの申し込みで、いまなら最低利用期間がないmineoに申し込めます。

SIM子さん
あたしは格安SIM初心者だから、マイネオ(mineo)を使ってみるよ!

ありがとう!

(最後)マイネオ(mineo)の公式サイトへのバナーマイネオ(mineo)の公式サイトはこちら

-比較 / 評判・口コミ, 通話 / 通信速度 / 電波

Copyright© 格安SIMは究極の節約術 , 2018 All Rights Reserved.